meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 辺野古基地建設強行は「地方自治の破壊」

<<   作成日時 : 2018/11/06 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

謝花喜一郎・沖縄県副知事、怒りの訴え


10月17日に防衛省沖縄防衛局は、国民の権利利益を守る行政不服審査法(制度)を乱用、私人に成りすまして 翁長前知事が指示した埋立承認撤回の効力を失わせる行政不服審査と執行停止を求めた。すると、公明党の石井啓一国交大臣は約2週間後の10月30日、辺野古基地建設の工事再開が可能となる執行停止を決定したのだ。

「沖縄県だけでなく他の自治体がやった場合、また国は同じようにするのでしょうか。国が、国の政策と異なることを地方自治体が行処分を行った場合に、国が今回のように 事業者としての省庁が関係省庁に申立を行って 行政不服審査法を使うのであれば、地方自治というのは絶対にありえないと思います。」

2018.11.6 楽天Infoseek News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辺野古基地建設強行は「地方自治の破壊」 meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる