限界集落『吉田太田部楢尾』

ふとネットで見かけた ”ムツばあさん”。
温かみのある人柄、山や畑に込めた深い愛情などが、夫の公一さん共々滲み出ていて、
表情がすごくいい。
調べてみると、かつてNHKで放送されたドキュメンタリー番組「秩父山中 花のあとさき」で、
2002年から2009年にかけて計3作が製作されたあと待望の映画化、5月に公開されるそうです。

・2002年8月「ムツ婆さんの花物語 秩父山中・段々畑の日々」
・2007年12月「秩父山中 花のあとさき ムツばあさんのいない秋」
・2009年春 「秩父山中 花のあとさき ムツばあさんのいない春」
・2019年5月「秩父山中 花のあとさき・最終章~ムツばあさんの歳月~」

場所は、秩父市吉田太田部楢尾。
神流川、下久保ダムの奥にある限界集落です。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
近くにある「塚山」に上る予定で、下久保ダム入口のバス停7:44に乗るべく
今日も早朝5時に出発します。

『花のあとさき』ムツばあさんの歩いた道
14010101.JPG14010102.JPG
7:04 下久保ダム駐車場
P1120393.JPG
前日降った雪をまとう
P1120391.JPG
雪を被った山は想定外でしたが、青空と雪山のコントラストがいい
駐車所から少し上がって
P1120399.JPG
ちゃんと調べてあったけど、バスの発車は7:44です。
1時間弱の待ち時間に、”早過ぎたぁ~”

車道に出ると、早桜お出まし
P1120396_.JPG
間違いなく7:44のバスです
P1120405.JPG
寒い中、じっとしているのはつらい。
周辺を歩いてみます。

バス停の隣にちょっと洒落た旅館
P1120404_.JPG
茜彩庵 山水(3つ星ホテルだよ
P1120402.JPG
神流川に下りると、ボートの進水式
P1120400.JPG
サクラマス釣りの出航だそうです
P1120401_.JPG
車でボートをけん引するのは免許が必要だっけ
結構贅沢な趣味のような気がする・・・

7:45バスに乗り込みます。
Suicaは使えない、だ~れも乗っていない。乗車賃¥440を用意すると
歩き出す「太田部入口」バス停に7:56到着です。

誰も乗っていないバスは発車する
P1120406.JPG
すぐ目の前の吊り橋を渡ります
P1120407.JPG
橋の上から神流川上流
P1120409.JPG
下流からはボートが北上
P1120410.JPG
神流湖の最上流側にかかる太田部橋(渡ってから左折、振り返る)
P1120412.JPG
吊り橋を渡ると左折、しばらくは車道を歩きます。
ネットでチェックしていたエスケープルートの入口が見えて来ました。

8:23 神流湖←・↑太田部集落
P1120417.JPG
行こうと思っていた方向は通行止め
P1120418.JPG
矢印の通り行けば目的の集落に着きますが、
ネットの情報ではこの先にショートカット出来る破線ルートがあるそうです。
通行止めの標識に車道方向に進みましたが、思い直して戻ると、ゲートの右を強行突破です。

右側に破線ルートの入口があるはず
P1120419.JPG
台風の傷跡がなお
P1120422.JPG
おかしいなぁ~
P1120425.JPG
ここまで左折してから30分、間違ったね
P1120426.JPG
神流川から一向に離れないし、破線ルートの入口までこんなに時間が掛かる訳ない。
1/25,000の地形図だと250m/cmじゃない

やっと気が付いて引き返します。

9:54 往きでもここかな?って思ったのにね
P1120428_.JPG
道らしいけど、歩く人はいないね
P1120430.JPG
藪をかき分けたり、倒木を跨いだり
P1120431.JPG
石垣は間違いなく昔使われていた道
P1120433.JPG
高岸さん?
P1120437.JPG
10:18 車道に出ました
P1120438_.JPG
おそらく車道を歩いても9時過ぎにはここに到着したはず。
1時間以上のロスだよ。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
この道は使われてなく荒れており、不明瞭で道迷いを起こしやすい道です。
車道を歩いても集落まで20分も違わないでしょうから、標識に従い車道を歩くことをお勧めします。


気を取り直して集落に向かう
P1120439.JPG
矢納←・→太田部峠
P1120440.JPG
春ですね
P1120441.JPG
右に行ってみます
P1120442.JPG
この上100mムツさん宅
20140504-14-730e6.jpg
矢印に従い、上っていきます
P1120443.JPG
取り敢えず右へ
P1120445_.JPG
昔はここで牛や馬を飼っていた納谷
P1120446.JPG
お目当ての家は見つからず分岐に戻ります。

分岐からさらに上に
P1120445__.JPG
この辺の集落で最後の一人となった家だそうです
P1120448.JPG
改めて、山間の集落です
P1120447.JPG
丘の上から人が下りてくるのが見え、ムツさんの家を尋ねると会話が始まります。
”どこからですか?お早い時間にこんな山奥まで”

お墓参りですか?と聞くと、
”身内ではないんですが、親しくしていただいてねぇ~”
”ここはいい人ばかりで”
”でも、もう誰もいなくなりました”

いろんなお話を聞くことが出来、最後に
”ありがとうございます” と、感謝されました。

きっとこの集落に居たんでしょうね。
こちらのご夫婦も暖かい人柄が伝わって来て、この集落は桃源郷だったのかもしれません。

教えてもらったお地蔵さん脇を下る
P1120449.JPG
さっき来た所の奥に向かう
P1120450_.JPG
裏手に回ると、ムツさん宅
P1120451.JPG
ちょっと留守にしてる?そんな感じです
P1120452.JPG
ごめんなさい、中を覗かしてもらいました
P1120456.JPG
庭先を下る道が
P1120455.JPG
誰かが手入れしてるのかな、それほど荒れていない庭
P1120457.JPG
庭先を下って西に道が延びている
P1120454.JPG
映画のポスターは誰が張ったのだろう
P1120453.JPG
日頃ここを歩いていたのだろうか?急です
P1120458_.jpg
下りた車道の先にはトイレ(まだ冬季閉鎖中でした)とテーブル、椅子があります。
分岐から上部に行ってみましょう。

10:48 諏訪神社
P1120460.JPG
少し上がった所に
P1120461.JPG
塚山登山口は、持ってきたネット情報をよく読むと
少し下って集落を抜け、登り返したところにあるらしい。
車道を緩やかに下っていくと、上で会ったご夫婦の車が追い越していく。

10mほど先で止まった車、運転席からご主人が降りてきて、
”乗っていきますか?”

想像通りの人で、うれしくなります。
一瞬躊躇するも、歩かないと見ることの出来ない風景もあるはず・・・
丁重にお断りしました。

11:14 ポイントの分岐です
P1120462.JPG
この上にまた集落があるはずです
P1120463.JPG
塚山登山口は上の集落を抜けるとあるはずです。
山頂へ登って麻生に下り、14:01のバスに乗る計画ですが、
前半戦で迷ったことを思うと、やはり不明瞭な登りルートは臆病になります。
バスに乗り遅れる訳にもいかず、足は分岐を下る道を選択してしまいました。

11:26 往路で左折した分岐
P1120466.JPG

思ったより近かったですね。
と言うことは、
無理して不明瞭な道を歩く必要がないし、
もっと言えば、集落で駐車できる場所が分かった以上、
車で行けばいいこと。
神流川を渡りバス停に到着するとバスの時間を確認、
この先、麻生のバス停が12:01発ですから予想通り12:11です。
(太田部入口バス停~楢尾集落~塚山~麻生バス停12:01/14:01発~下久保ダム入口)
10分以上の余裕に食べてない昼食にしようかと思いましたが、
適当な場所がなく、下久保ダムに戻ってからにします。

定刻より2分遅れでバスが来ると、往きの運転手さんでしたね。
バス停から駐車場に戻り、展望台で遅めの昼食としました。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
賑やかだった集落に誰も居なくなる。
限界集落は日本いたる所に増えるのでしょう。

まだ温もりの残る家屋を目の当たりにして、寂しさを感じるも
スーパーもコンビニもない、平らな所がない場所で生きていく大変さが実感されました。
でもその大変さが人々の穏やかな優しい連帯感を生み出しているのも
紛れもない事実です。

2020.3.15(日)25,414歩(万歩計にて)
太田部入口バス停〜太田部楢尾 往復
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント