テーマ:

あなたへ

『あなたへ』森沢明夫 人は、いつも 伝えきれない 想いを重ねて、 一期一会の旅を 続けている。 妻の故郷への旅。多くの人々との出会い。 そこには妻の本当の願いがありました。 北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二のもとに、ある日、亡き妻・洋子が残した2枚の絵手紙が届く。そこには、一羽のスズメの絵とともに“故郷の海を…

続きを読むread more

季節風*冬 サンタ・エクスプレス

『季節風*冬 サンタ・エクスプレス』重松 清 『あっつあつの、ほっくほく』「味が足りなかったら、塩、ご自由にぃ」 バスケ部キャプテンの女子高生。厳しいメニューを組んで、部で孤立してしまう。長じて第三営業部のゼネラルマネージャー。創業以来初めての女性部長で社内の風当たりも強い。 『コーヒーもう一杯』「あのとき、わたしは遠い未来に…

続きを読むread more

季節風*秋 少しだけ欠けた月

『季節風*秋 少しだけ欠けた月』重松 清 『オニババと三人の盗賊』「見張りがいちばんタチが悪いんだよ」 九月になるとすぐ花火のワゴンセールをする、二丁目の城北小学校近くにある馬場文具店のおっかなくて、せっかちな店番のおばあさん。 『サンマの煙』「ママはその頃、すごく嫌な子だったんだよ」 小学四年生のとき、父親の左遷で引っ越し…

続きを読むread more

逆転力

『逆転力』丸山桂里奈 サッカーの第6回女子ワールドカップドイツ大会でとんでもないゴールを決めながら、ロンドンオリンピックのアジア最終予選で全治6か月の大ケガを負った著者は、崖っぷちに立たされながらも今の自分の状況を前向きに捉え、「これ以上ないくらい悪いことのあとは、もう絶対にいいことしか起きない」と信じています。自らの経験から導いた「…

続きを読むread more

アロハで漁師、はじめました

『アロハで漁師、はじめました』近藤廉太郎 獣害に苦しむ近隣農家に乞われ始めた猟師生活。野蛮で暴力的だと思っていたその世界は、この社会から“ばっくれて生きる”ための知恵がたくさん詰まっていた。鴨を追いかけ、鹿を捌き、猪と格闘して掴んだ資本主義のカラクリ、生と死の手触り、五感の回復・・・これからの「世界」と「生きること」をワイルド・サイド…

続きを読むread more

季節風*夏 僕たちのミシシッピ・リバー

『季節風*夏 僕たちのミシシッピ・リバー』重松 清 『親知らず』「どうしたん、一年生で泣いとったら、おかしいなあ〜」 故郷での母の葬儀のあと、激しく痛みはじめた親知らず。妻よりも付き合いの長い歯の痛みに耐えかね、町の歯医者を訪れた40代後半の課長 『あじさい、揺れて』「あのな、こういうアイスのいちばんうまい食い方って、知ってる…

続きを読むread more

赤い砂を蹴る

『赤い砂を蹴る』石原 燃 社会派作品で評価の高い、 劇作家・石原燃の小説デビュー作にして、 第163回 芥川賞候補の注目作! 「お母さん、聞こえる? 私は、生きていくよ。」 画家の母・恭子を亡くした千夏は、 母の友人・芽衣子とふたり、ブラジルへ旅に出る。 芽衣子もまた、アルコール依存の夫・雅尚を亡くした直後のことだ…

続きを読むread more

季節風*春 ツバメ記念日

『季節風*春 ツバメ記念日』重松 清 『めぐりびな』 娘が生まれて新しいお雛様が旦那さんの両親から贈られる。 新しいお雛様を飾るから 今までのお雛様を「めぐりびな」として供養して処分することに。 しかし 今までのお雛様は 特別で・・ 処分することがためらわれた。 そのわけとは? 『球春』 地元から出たプロ野球選…

続きを読むread more

アーモンド

2020年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位 『アーモンド』著者:ソン・ウォンピョン 訳者:矢島暁子 “感情”がわからない少年が、愛によって生まれ変わるまで―― 扁桃体(アーモンド)が人より小さく、怒りや恐怖といった感情をうまく感じることができない十六歳の高校生、ユンジェ。祖母は彼を「かわいい怪物」と呼んだ。そんな彼は、十…

続きを読むread more

希望の峰 マカル―西壁

『希望の峰 マカル―西壁』笹本稜平余命僅かな登山の師の想いを胸に、単独登攀でヒマラヤ最難関・標高8000m超の氷壁に挑む!圧巻の山岳小説「ソロ」シリーズ完結! ローツェ南壁とK2の冬季単独初登頂を果たした奈良原和志は、いよいよヒマラヤ最大の難関・マカルー西壁の冬季ソロ登攀に狙いを定める。だが情報収集のため現地に赴いた和志は、眼前の山容…

続きを読むread more

おいしくて泣くとき

『おいしくて泣くとき』森沢明夫 貧困家庭の子どもたちに無料で「こども飯」を提供する『大衆食堂かざま』。 その店のオーナーの息子、中学生の心也は、「こども飯」を食べにくる幼馴染の夕花が気になっていた。 7月のある日、心也と夕花は面倒な学級新聞の編集委員を押し付けられたことから距離が近づき、そして、ある事件に巻き込まれ・・・。 遠い…

続きを読むread more

いのちの停車場

『いのちの停車場』南 杏子 東京の救急救命センターで働いていた、62歳の医師・白石咲和子は、あることの責任をとって退職し、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療の医師になる。これまで「命を助ける」現場で戦ってきた咲和子にとって、「命を送る」現場は戸惑う事ばかり。咲和子はスタッフたちに支えられ、老老介護、半身麻痺のIT社長、6歳の…

続きを読むread more

少年と犬

第163回直木賞受賞作『少年と犬』馳 星周 家族のために犯罪に手を染めた男。拾った犬は男の守り神になったー男と犬。仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指すー泥棒と犬。壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼んでいたー夫婦と犬。体を売って男に貢ぐ女。どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬だったー娼婦と犬。老猟…

続きを読むread more

また明日

『また明日』群ようこ 平凡なサラリーマン家庭に育った、ヤヨイ。いいところのお嬢様、ユリコ。体が大きく、心も広く優しい、マスコ。お調子者でおっちょこちょいな大工の息子、カツオ。ヤヨイの隣家の息子、タカオ。同じ小学校で学んだ5人は、大人になりそれぞれの道を歩んで一度はバラバラになったが、還暦近くなって再会した。会わない間に、それぞれ大…

続きを読むread more

水を縫う

『水を縫う』寺地はるな 松岡清澄、高校一年生。一歳の頃に父と母が離婚し、祖母と、市役所勤めの母と、結婚を控えた姉の水青との四人暮らし。 学校で手芸好きをからかわれ、周囲から浮いている清澄は、かわいいものや華やかな場が苦手な姉のため、ウェディングドレスを手作りすると宣言するが――「みなも」 いつまでも父親になれない夫と離婚し、必…

続きを読むread more

天涯の花

『天涯の花』宮尾登美子 四国の霊峰・剣山の四季を背景に無垢なたましいを持ち続ける少女の成長と恋を描く。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ テレビドラマ養護施設で育った平珠子(須藤理彩)は中学卒業を機に徳島県剣山の山中にある剣神社宮司の白塚国太郎(菅原文太)・すぎ(久我美子)夫婦の養女となり巫女としての生活が始まる。山に住むのは白塚夫妻、…

続きを読むread more

銀花の蔵

『銀花の蔵』遠田 潤子 秘密を抱える旧家で育った少女が見つけた、古くて新しい家族のかたち。大阪万博に沸く日本。絵描きの父と料理上手の母と暮らしていた銀花は、父親の実家に一家で移り住むことになる。そこは、座敷童が出るという言い伝えの残る由緒ある醬油蔵の家だった。家族を襲う数々の苦難と一族の秘められた過去に対峙しながら、少女は大人になっ…

続きを読むread more

サリエルの命題

『サリエルの命題』楡 周平 悪魔のウイルスの名は「サリエル」。 医療に通じ、癒す者とされる一方で、一瞥で相手を死に至らしめる強大な魔力、『邪視』の力を持つ堕天使――。 日本海に浮かぶ孤島で強毒性の新型インフルエンザが発生し、瞬く間に島民全員が死亡した。それはアメリカの極秘の研究データが流出して人工的に作られたという疑い…

続きを読むread more

喪国

『喪国』五條 瑛 断鎖 Escape(2001年5月 双葉社)紫嵐 Violet storm(2002年5月 双葉社)心洞 Open sesame(2003年6月 双葉社)恋刃 Lancet(2005年3月 双葉社)愛罪 Uxoricide(2006年4月 双葉社)純棘 Thorn(2007年2月 双葉社)狂血 immigrant a…

続きを読むread more

秋霧

『秋霧』大倉崇裕 まず撃て。後悔や安堵はその後だ―― 神出鬼没の殺し屋「霧」VS.元自衛隊特殊部隊員VS.権力者の私兵 紅く燃える八ヶ岳連峰・天狗岳で、三つ巴の死闘に巻き込まれた便利屋の運命は? 「天狗岳に登ってきてくれんか」死期の迫った伝説的経営者上尾の依頼を受けた便利屋の倉持。山行の動画を撮る簡単な仕事のはずが、なぜか不…

続きを読むread more

逆転のペスカトーレ

『逆転のぺスカトーレ』仙川 環 深山あきらの実家が営むレストランから突然シェフが退職。さらに家賃の値上げとピンチが襲う。そんなとき救世主となって現れたのが花井という凄腕シェフだった。彼の作るペスカトーレは口にした者を虜にする絶品で店は大繁盛。だが、花井は一転そのペスカトーレをメニューから外すと言い出す。そのうえネットでの誹謗中傷、…

続きを読むread more

太郎とさくら

『太郎とさくら』小野寺史宣小さな漁町に育った太郎は、東京で食品会社に就職して4年目を迎えるサラリーマン。異父きょうだいの姉・さくらの結婚式に出るため、久しぶりに帰郷することになった。平凡ながら温かい結婚式に波風が立ったのは、音沙汰のなかったさくらの実父・庄造が酔った顔で現れたから。「招かれざる客」として式場から追い出された庄造を哀れに思…

続きを読むread more

『日本の名峰』絶景探訪

創刊号〜5号号数タイトル登山者創刊号地獄と浄土の霊峰/立山プロスキーヤー・冒険家 三浦豪太 2号憧憬の天貫く頂 北アルプス/槍ヶ岳国際山岳ガイド 鈴木昇己 3号富士/日出づる国のてっぺんに立つ植村直己の意を継ぐ者たち海洋冒険家 白石康次郎 4号剱岳/登るべからずの岩峰(前編)大地の鼓動が生みし岩の山(後編)海洋冒険家 白石康次郎 5号春…

続きを読むread more

熱源

『熱源』川越宗一 樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。 一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。ロシアの強烈な同化政策により母語である…

続きを読むread more

屍界

『屍界』五條 瑛 断鎖 Escape(2001年5月 双葉社)紫嵐 Violet storm(2002年5月 双葉社)心洞 Open sesame(2003年6月 双葉社)恋刃 Lancet(2005年3月 双葉社)愛罪 Uxoricide(2006年4月 双葉社)純棘 Thorn(2007年2月 双葉社)狂血 immigrant a…

続きを読むread more

誘魔

『誘魔』五條 瑛 断鎖 Escape(2001年5月 双葉社)紫嵐 Violet storm(2002年5月 双葉社)心洞 Open sesame(2003年6月 双葉社)恋刃 Lancet(2005年3月 双葉社)愛罪 Uxoricide(2006年4月 双葉社)純棘 Thorn(2007年2月 双葉社)狂血 immigrant a…

続きを読むread more

狂血

『狂血』五條 瑛 断鎖 Escape(2001年5月 双葉社)紫嵐 Violet storm(2002年5月 双葉社)心洞 Open sesame(2003年6月 双葉社)恋刃 Lancet(2005年3月 双葉社)愛罪 Uxoricide(2006年4月 双葉社)純棘 Thorn(2007年2月 双葉社)狂血 immigrant a…

続きを読むread more

純棘

『純棘』五條 瑛 断鎖 Escape(2001年5月 双葉社)紫嵐 Violet storm(2002年5月 双葉社)心洞 Open sesame(2003年6月 双葉社)恋刃 Lancet(2005年3月 双葉社)愛罪 Uxoricide(2006年4月 双葉社)純棘 Thorn(2007年2月 双葉社)狂血 immigrant a…

続きを読むread more

愛罪

『愛罪』五條 瑛 断鎖 Escape(2001年5月 双葉社)紫嵐 Violet storm(2002年5月 双葉社)心洞 Open sesame(2003年6月 双葉社)恋刃 Lancet(2005年3月 双葉社)愛罪 Uxoricide(2006年4月 双葉社)純棘 Thorn(2007年2月 双葉社)狂血 immigrant a…

続きを読むread more

終の盟約

『終の盟約』楡 周平 認知症になった親が 死を望んでいたら あなたはどうしますか。 認知症の父の突然死。医師同士による、ある密約。 医師の兄と、弁護士の弟は、真相にたどり着けるのか。 楡周平史上、最大の問題作。 次に挑むテーマは“安楽死”ある晩、内科医の輝彦は、妻・慶子の絶叫で跳ね起きた。父の久が慶子の入浴を覗いていた…

続きを読むread more